トイレに行くことを長時間我慢するといった行為に慣れてしまうと『直腸性便秘』になりやすい。

直腸性便秘

直腸性便秘

 

便秘の3大タイプの一つに、直腸性便秘があります。
名前から分かるように、直腸付近に便が溜まってたまま排泄困難になってしまう症状を指します。

 

 

便が直腸で停滞する直腸性便秘

 

症状

 

直腸性便秘

理由はいくつか考えられますが、大腸から直腸まではスムーズに流れていた便が、直腸付近で便が蓋をする状態になってしまい、便秘になります。

 

便が固くなっていくほど排泄が困難になり、痛みをともないやすく慢性化しやすいと言われています。

 

 

原因

 

原因としては、仕事や学校の都合等でトイレに行くことを長時間我慢するといった行為に慣れてしまうことが挙げられます。

 

残便感を伝える神経機能が鈍くなっていき、便意を感じなくなっていくため、結果的に長時間腸の中にとどまって固くなった便が詰まるといった流れが起きます。

 

改善方法

 

神経が鈍っている場合は、水分をなるべく摂取したり、食物繊維を多く摂ったりといった生活習慣の改善が効果的です。

 

 

下剤が慢性化してる方は注意

 

下剤を使用してトイレに行くことが習慣化している場合も注意が必要です。
直腸神経が麻痺する以外の原因としては、排便するための骨盤低筋が悪化していることもあります。

 

便が通る道がなくなっている状態なので、この場合は姿勢の矯正等いくつかの治療手順を踏む必要があります。
改善が見込めない場合は、専門の病院で受診したほうが良いでしょう。