弛緩性便秘を改善するためには水を飲むことによって腸のぜん動運動を促進させること。

弛緩性便秘

弛緩性便秘

 

便秘とひとことでいっても種類が分けられます。
種類に合わせて原因が異なるためその原因に合わせて対処していかなければ症状が悪化してしまうことも考えられるため注意が必要です。

 

便秘の3大タイプは、弛緩性便秘痙攣性便秘直腸性便秘と呼ばれる便秘が一般的となっています。

 

 

日本人にもっとも多い弛緩性便秘

 

症状

 

筋力の衰えや運動不足などによってお腹が張る、腹痛が起こるなどの症状を引き起こしてしまいます。

 

 

改善方法

 

便秘で悩んでいる人は意外に多い

このタイプの便秘を改善するためには、まず寝起きにコップ一杯の水を飲むことがオススメです。

朝は腸が活発に動く時間帯のため、水を飲むことによって腸に刺激を与えることができ、腸のぜん動運動を促進させます。

 

 

食事の工夫

 

食事をする場合には、食物繊維やオリゴ糖、乳酸菌を含む整腸剤や乳製品などを摂取していきます。
食物繊維には水に溶けて便を柔らかくする水溶性の食物繊維と腸内の有害物質を吸着して便の量を増やしながら腸の動きを促す不溶性の食物繊維がありますが、これをバランス良く摂取することが大切です。

 

 

運動・ストレッチ・ヨガ・マッサージ

 

また、筋力の衰えを防ぐための運動またはストレッチやヨガなどを行い、握りこぶしを作って大腸をなぞるように時計回りにマッサージしていく方法なども有効です。