便秘に効果的な食べ物:食生活の見直し(納豆・ヨーグルト・オリゴ糖)

便秘に効果的な食べ物:食生活の見直し(納豆・ヨーグルト・オリゴ糖)

便秘になると体調が悪くなったり、肌荒れが生じたり良い事はありません。
早く解消したいと薬に頼る人もいますが、一度薬を飲むとクセになってしまったり、また腹痛や下痢などを引き起こし、辛く感じるケースもあります。

便秘に効果的な食べ物で食生活を見直し

ただ薬に頼らずとも、便秘に効果的な食べ物というものがあります。
1日三食、朝・昼・晩の食事の中で上手に取り入れるようにすると、これまで悩んでいた便秘も自然に解消することも多いのです。

便秘に効果的な食べ物

便秘に効果的な食べ物は、具体的に挙げると、まず納豆やヨーグルト、チーズ、味噌などの発酵食品です。
これらに共通するのが乳酸菌の存在なのですが、乳酸菌で腸の中の善玉菌を増やし、便秘を解消していきます。

少しずつ毎日食べるのがコツ

もちろん全ての人がこれらの食材に合うとは限らないため、一つの物だけを集中的に摂取するのではなく、少しずつ取り入れる事が大切です。
さらに善玉菌は生命力が弱いため、毎日摂取する事も重要です。

即効性を期待したいならバナナがオススメ

ストレッチやヨガ

バナナには食物繊維と、腸内を活性化させるオリゴ糖が含まれています。
バナナは午前中の早い時間帯に水と一緒に食べるようにすると、より効率よく効果を発揮できます。

ダイエット効果も

このように便秘に効果的な食べ物はいろいろありますが、これらは便通を良くするだけではなく、ダイエットにも有効です。
便秘解消とダイエットを成功させるには、毎朝トイレに行く習慣をつける、冷えにも注意するなど、生活を見直す事が大切です。

納豆:便秘に効果的な食べ物

便秘になると、腹痛などの症状が起こるほか、肌荒れやニキビの原因になったり、イライラや集中力が続かないなど健康だけではなく美容や精神にも影響を与えてしまいます。
改善するためには、生活習慣を整えたり、運動をするほか、便秘に効果的な食べ物を摂取することがオススメです。

納豆は善玉菌・オリゴ糖・食物繊維などが豊富

中でも特にオススメなのが発酵食品である納豆です。
納豆菌などの善玉菌が含まれているほか、腸内の善玉菌を増やす効果のあるオリゴ糖、腸の動きを促したり、弁を柔らかくする働きのある食物繊維などが豊富に含まれています。

納豆は夜食べるのがおすすめ

便秘を改善するための納豆の食べ方としては、夜食べることが効果的です。
夜に納豆を食べることによって睡眠中にオリゴ糖や食物繊維などの腸に良い栄養素が、腸に届いて腸内をきれいにする働きがあります。

納豆はアレンジ次第で夕飯にもなじむ

夜にオススメのメニューとしては、納豆とマグロ、アボカドを加えたものや、オクラや山芋とキムチを和えれば食物繊維と善玉菌を一緒に摂ることができるためより高い効果を期待することができます。
疲労回復も行いたい場合には、ネギを加えて海苔で巻いて食べるのも良いとされています。
納豆は様々な食べ方ができるため、夕食にも手軽に取り入れることができる食材です。

便秘 納豆

ヨーグルト:便秘に効果的な食べ物

便秘でおなかが苦しいから便秘に効果的な食べ物をとヨーグルトを食べてみたけれども、あまり効果がないという人も多いでしょう。
このような人は間違った食べ方をしているのかもしれません。
ただ食べるのではなく、食べ方と選び方にコツがあるのです。

生きたままで腸まで届く乳酸菌を

ヨーグルトには善玉菌を増やす働きがあるので、便秘には効果的です。
乳酸菌は胃酸などに弱いので、生きたまま腸に届くことはほとんどありません。
しかし近年では生きたまま腸に届くといわれているものも販売されています。

ヨーグルトを摂るコツ

このようなものを摂取することはいいことですが、大切なことは適量を毎日続けるということです。
またトクホに認定されているヨーグルトは腸内バランスを整える効果があり、トクホの商品を選ぶのも良いでしょう。

便秘 ヨーグルト

善玉菌、中間菌、悪玉菌

成人の腸内には乳酸菌やビフィズス菌などを含む善玉菌、中間菌、悪玉菌が存在しています。
善玉菌には整腸作用があり、中間菌と一緒に消化を助ける働きがあり、美容や健康に良い効果があります。
反対に悪玉菌は腸内に腐敗物などの有害物質を作り、便秘や体臭、肌荒れなどを引き起こす原因となります。
善玉菌が多い腸内は腸の動きが活発になり、便秘になりにくくなります。


善玉菌整腸作用があり、中間菌と一緒に消化を助ける働きがあり、美容や健康に良い効果があります。
善玉菌が多いと腸内の水分を豊富に取り入れることができるので、便がかたくなるのを防ぐこともできます。
中間菌腸内環境によっては、善玉菌にも悪玉菌にもなる要素を持っています。
腸内環境が整っていると、中間菌は、持っている特長の中でも良い方の特徴が出やすくなりますが、腸内環境が悪化している場合、悪い方の特徴が出やすくなます。
悪玉菌腸内に腐敗物などの有害物質を作り、便秘や体臭、肌荒れなどを引き起こす原因となります。
悪玉菌が多いと腸の動きが衰え、便秘となりさらに悪玉菌が増える環境となってしまいます。

便秘 オリゴ糖

オリゴ糖:便秘に効果的な食べ物

オリゴ糖は便秘に効果的な食べ物です。
国指定のトクホマークがパッケージに記載されており、乳酸菌飲料のコーナーや、砂糖の近くにあります。
カロリーは砂糖の半分ですので、ダイエットにいいですし、糖分を控え目にしないといけない食生活の人は一石二鳥です。
オリゴ糖は消化せずに、小腸で吸収する難消化オリゴ糖と小腸で吸収され、体内のエネルギーになる消化性オリゴ糖があります。

便秘によるさまざまな不調

便秘になると、腸内フローラが活性化されず、いつも不快な気分になります。
胃の中が膨れ上がって、膨張感から、のぼせることがありますし、女性の方はイライラや不安症状なども出ます。
また、便秘になると腸だけの問題だけでなく、口臭までも発生するので、エチケット的にも問題が生じます。
ひどい人は、一週間便が出ないなんてこともあるので、対策をとる必要があります。

食事は、乳酸菌をしっかりとりましょう

オリゴ糖
ヨーグルトや牛乳や豆乳をしっかり摂取します。
善玉菌を増やして、腸内環境がよくなりますので、お通じがよくなります。
肌もツヤツヤになりますし、腸内環境がいいと、ふきでものやニキビなどが出来にくくなります。

適度な運動

バランスのよい食事に加えて、適度な運動も便秘には効果的です。
20分くらいの有酸素運動で汗を流すと、便通はよくなるし、脚は細くなりダイエットにもちょうどいいです。
運動をすると食事も美味しく感じられます。

▲ページトップに戻る