浣腸は物理的にグリセリン液剤を注入することになるので、腸内の滑りが良好になり排出物を出しやすくなります

浣腸

 

浣腸

現代では便秘解消に向けた便利な製品が多々販売されていますが、相変わらず人気があるのが浣腸です。

 

 

生半可な製品では改善されない便秘でさえも即座に良好にすることができるため最終手段という認識をしている方も多いです。

 

特に、現代人は常に時間に追われている多忙な方も多いので、即効性がある浣腸は重宝します。
ただし、浣腸はリスクがありますし悪影響を及ぼす起因になる事もあるので、使用に際しては注意も必要です。

 

 

浣腸のメカニズム

 

そもそも、浣腸が便秘解消に役立つのは腸に対して刺激を与える事によってぜん動運動が活発化し排出させやすくなるという作用が関係しています。
そして、物理的に液剤を注入することになるので、腸内の滑りが良好になり排出物を出しやすくなるのです。

 

含有されている成分の中で大部分を占めているのはグリセリンという物なのですが、50%程度薄められているものの内臓に対してはしっかりと刺激を加える事が可能です。

 

 

浣腸はあくまでも最終手段

 

こうした一連の流れにより、便秘解消に役立つのです。
ただし、浣腸には習慣になりやすいという悪影響があり、使用しなければ体外に出す事ができなくなる恐れも含んでいます。
高い頻度で使い過ぎると便意も感じる事ができなくなるので、あくまで最終手段にしましょう。