腸機能のコントロールが自律神経の副交感神経によるものなので、自律神経のバランスを整えると便秘解消になります。

運動

運動

 

つらい便秘の改善や解消には運動が一番である、というのは、運動不足による筋肉の衰えから来ている弛緩性便秘が日本人には多いからです。

 

 

毎日のほんのちょっとの運動により便秘解消

 

普段ほとんど運動をする時間が無かったり、車での移動が多い人など、毎日のほんのちょっとの運動により便秘解消となるケースは多いです。

 

急な運動は膝などの関節を痛める可能性もありますので、ウォーキングやストレッチなどのシンプルかつ手軽な運動であれば、体への負担も少なく、すぐにでも実践できます。

 

 

ウォーキング

 

ウォーキング

ウォーキングでは、排便時に必要となるいきむ筋力を少しずつ鍛えることが出来、全身を使って歩くことにより血行促進やストレス解消・自律神経のバランスが整えられます。

 

これは、腸の機能のコントロールが自律神経の副交感神経によるものであるため、自律神経のバランスを整えることにより便秘解消となるからです。

 

 

ストレッチやヨガ

 

ストレッチやヨガ

ストレッチやヨガが便秘改善に効果があるのも、同様にストレス発散による自律神経のバランス調整・血行促進の他、特に腰や股関節のストレッチでは腸に直接刺激を与えることが出来るからです。

 

これらの運動は、少しずつでも良いので毎日継続させることがポイントです。
習慣化させることにより、慢性的な便秘も徐々に解消されていくでしょう。