夜に納豆を食べると睡眠中にオリゴ糖や食物繊維などの腸に良い栄養素が、腸に届いて腸内をきれいに。

納豆

納豆

 

便秘になると、腹痛などの症状が起こるほか、肌荒れやニキビの原因になったり、イライラや集中力が続かないなど健康だけではなく美容や精神にも影響を与えてしまいます。
改善するためには、生活習慣を整えたり、運動をするほか、便秘に効果的な食べ物を摂取することがオススメです。

 

 

納豆は善玉菌・オリゴ糖・食物繊維などが豊富

 

中でも特にオススメなのが発酵食品である納豆です。
納豆菌などの善玉菌が含まれているほか、腸内の善玉菌を増やす効果のあるオリゴ糖、腸の動きを促したり、弁を柔らかくする働きのある食物繊維などが豊富に含まれています。

 

 

納豆は夜食べるのがおすすめ

 

便秘を改善するための納豆の食べ方としては、夜食べることが効果的です。
夜に納豆を食べることによって睡眠中にオリゴ糖や食物繊維などの腸に良い栄養素が、腸に届いて腸内をきれいにする働きがあります。

 

 

納豆はアレンジ次第で夕飯にもなじむ

 

夜にオススメのメニューとしては、納豆とマグロ、アボカドを加えたものや、オクラや山芋とキムチを和えれば食物繊維と善玉菌を一緒に摂ることができるためより高い効果を期待することができます。

 

疲労回復も行いたい場合には、ネギを加えて海苔で巻いて食べるのも良いとされています。
納豆は様々な食べ方ができるため、夕食にも手軽に取り入れることができる食材です。