ヨーグルトは腸内バランスを整える効果があり、トクホの商品を選ぶのも良いでしょう。

ヨーグルト

ヨーグルト

 

便秘でおなかが苦しいから便秘に効果的な食べ物をとヨーグルトを食べてみたけれども、あまり効果がないという人も多いでしょう。
このような人は間違った食べ方をしているのかもしれません。
ただ食べるのではなく、食べ方と選び方にコツがあるのです。

 

生きたままで腸まで届く乳酸菌を

 

ヨーグルトには善玉菌を増やす働きがあるので、便秘には効果的です。
乳酸菌は胃酸などに弱いので、生きたまま腸に届くことはほとんどありません。
しかし近年では生きたまま腸に届くといわれているものも販売されています。

 

 

ヨーグルトを摂るコツ

 

このようなものを摂取することはいいことですが、大切なことは適量を毎日続けるということです。
またトクホに認定されているヨーグルトは腸内バランスを整える効果があり、トクホの商品を選ぶのも良いでしょう。

 

 

善玉菌、中間菌、悪玉菌

 

成人の腸内には乳酸菌やビフィズス菌などを含む善玉菌、中間菌、悪玉菌が存在しています。

 

善玉菌には整腸作用があり、中間菌と一緒に消化を助ける働きがあり、美容や健康に良い効果があります。
反対に悪玉菌は腸内に腐敗物などの有害物質を作り、便秘や体臭、肌荒れなどを引き起こす原因となります。

 

善玉菌が多い腸内は腸の動きが活発になり、便秘になりにくくなります。

 

 

善玉菌 整腸作用があり、中間菌と一緒に消化を助ける働きがあり、美容や健康に良い効果があります。

善玉菌が多いと腸内の水分を豊富に取り入れることができるので、便がかたくなるのを防ぐこともできます。

中間菌 腸内環境によっては、善玉菌にも悪玉菌にもなる要素を持っています。

腸内環境が整っていると、中間菌は、持っている特長の中でも良い方の特徴が出やすくなりますが、腸内環境が悪化している場合、悪い方の特徴が出やすくなます。

悪玉菌 腸内に腐敗物などの有害物質を作り、便秘や体臭、肌荒れなどを引き起こす原因となります。

悪玉菌が多いと腸の動きが衰え、便秘となりさらに悪玉菌が増える環境となってしまいます。