心因性のストレス性便秘は精神的な問題が大きく関与しています。

ストレス

ストレス

 

心因性のストレス性便秘は精神的な問題が大きく関与しています。
例えば、子どもさんの場合、学校で排便を感じても学校で便をすることが恥ずかしいという便秘の原因が存在します。あるいは学校に行く時間になると、腹痛を感じたり便が出なくなるのも心因性の便秘の原因が考えられます。

 

 

心因性の便秘

 

心因性の便秘は、腸の機能には特に異常がなく、精神的な問題から発生しています。
特に以下の症状というのは完全な便秘として定義されます。

 

  • 3日以上排便がない
  • 排便があったとしてもコロコロしてうさぎの糞の様である
  • おなかが張って不快な症状がある

 

 

トイレにゆっくりと入る時間を取ることが大切

 

そのような子供の場合、朝トイレにゆっくりと入る時間を取ることで、だいたいの便秘は改善されます。
また学校に行きたくない、不登校の問題と関連している場合にはスクールカウンセラーなどと相談してみることも一つの方法です。

 

便秘は軽い症状として放置されがちですが、重大な問題を含んでいることがあります。
放置しておくと常習性の便秘になってしまうことがあり、早めに対処するべきです。

 

 

環境が変わると便秘に

 

大人でも環境が変わると便秘になる人がいます。
とくに旅行や入院などで環境が変わるととたんに便が出なくなってしまうことがあります。
楽しい旅行も考えようによってはストレスになることがあります。