プロゲステロンの本来の役目が影響し、大腸の働きが鈍って便秘になりやすくなります。

生理前

生理前

 

生理前に便秘になってしまうことってありますよね。
生理の前後は女性ホルモンが乱れてしまいます(PMS、月経前症候群)から、それが便秘の原因であることがわかっています。

 

 

便秘を引き起こす女性ホルモン

 

女性ホルモンにはエストロゲンとプロゲステロンとがありますが、そのうち便秘を引き起こすのは黄体ホルモンであるプロゲステロンの方です。

 

 

どうしてプロゲステロンが便秘にしてしまうか

 

どうしてプロゲステロンが便秘にしてしまうかですが、それはプロゲステロンの本来の役目が影響しています。
本来このホルモンは受精卵を守る役目を持っています。

 

受精卵が流れないように、安定した環境で保護するために周辺の臓器の働きをソフトにしてくれるのですが、その結果、大腸の働きが鈍って便秘になりやすくなるのです。
さらに水分の代謝も鈍るので、便から水分がなくなってお通じが悪くなるんですよね。

 

 

生理前の便秘の解消法

 

生理前の便秘の解消法ですが、大腸の働きが鈍っているなら少しでもその働きを活性化させればいいのです。
お腹を温めて血行を良くしてあげるといいでしょう。

 

半身浴を行ったり、白湯を飲んでデトックスする方法や腹巻を使うなどの方法がありますよ。

 

最近の腹巻はかわいいものも多いのでおすすめです。
それから腹筋を鍛えたり、有酸素運動で腸を刺激するのもいいですよ。